今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ペンタックス(PENTAX)

ペンタックスの双眼鏡の買取

ペンタックス(PENTAX)買取

昔からカメラで有名なペンタックス社(現在はリコーイメージング株式会社)製の、ペンタックスの双眼鏡をお持ちで必要なくなった方はおられませんでしょうか。
古い製品から現在も発売中の物まで、どんなペンタックスの双眼鏡でも納得のいく価格で買い取らせていただきます。
ペンタックスの双眼鏡は、近距離双眼鏡のPapilio、超小型双眼鏡のFLABINO、小型・防滴双眼鏡のアーネットMCⅡ、タンクローの愛称で親しまれているタンクローシリーズ、その他本格的な防水双眼鏡や大型双眼鏡各種があります。
いずれのペンタックスの双眼鏡も、ボディーのどこかにPENTAXのロゴマークが入っているのですぐに分かると思います。
不必要になった双眼鏡は意外とかさばりますし、長い間しまい込んでいるとレンズにカビが発生し、分解掃除をして特殊レンズクリーニングをしなければカビを取り除けないようになります。
不要になった双眼鏡は、値打ちが下がる前に当社が買い取らせていただきますので是非検討してください。
ペンタックスの双眼鏡を当社へお送りくださる折は、お手数ですが双眼鏡の付属品を一緒にお送りくださいますようにお願いいたします。
(査定価格がプラスになります。)
付属品には対物レンズキャップ、レインガードキャップ(接眼レンズキャップ)、ケース、ストラップ、取扱い説明書などがあります。
その他、できるだけ買った時に一緒に入っていた物を入れていただけると幸いです。
ペンタックス双眼鏡の元箱があれば、それに入れて弊社にお送りください。

高価買取の前に!

●メーカー名、型式、購入年月日をお知らせ下さい。
●付属品の「ケース、ストラップ、説明書」などは揃っておりますでしょうか?
ペンタックスの双眼鏡 付属品
以下にペンタックス(PENTAX)の双眼鏡の不具合事例をまとめました。以下の様な事例がある場合は買取をお断りさせて頂く場合がありますので、ご了承願います。

■不具合、故障
〈ピントの不良〉
・像が見えない事はありませんか?
・ピントが合わないことはありませんか?
・像が二重になることはありませんか?
・対物レンズ側から内部を覗くと、内部レンズに曇りはありせんか?
ペンタックスの双眼鏡 内部レンズ
・接眼レンズの幅を調節する際、 左右の視野が一つの円になるよう調節することが出来ますか?
・左目で覗き、ピントリングを操作しピントを合わせることが出来ますか?
・右目だけで覗き、ピントリングを操作しピントを合わせることが出来ますか?
・目標が変わっても、ピントリングを回す事で、左右同時にピントを合わせることが出来ますか?

〈レンズの損傷〉
・製品の変形はありませんか?
・レンズにヒビが入っていませんか?
・レンズにカビは発生していませんか?

〈本体外部の不良〉
・ラバーコートに損傷はありませんか?
ペンタックスの双眼鏡 破損
・カメラアダプターの接続は出来ますか?
・三脚座に損傷はありませんか?
・目当てリングはスライドさせることが出来ますか?
・ストラップホルダーにストラップをつけることが出来ますか?
・ストラップに損傷はありませんか?

ペンタックス(PENTAX)双眼鏡の買取対応製品

買取対応型式

ほとんどのペンタックスの双眼鏡が買い取り可能です!

Papilio6.5×21、Papilio8.5×21、8-16×21 UCFズームII、8×25 UCF WP 、10×25 UCF WP、8×21 UCF R、10×21 UCF R、9×28 DCF LV、8×32 DCF SP、8×43 DCF SP、10×43 DCF SP、10×50 DCF SP、8×40 PCF WP II、10×50 PCF WP II、12×50 PCF WP II、20×60 PCF WP II、7×21 UCFmini、8×21UCF Q、DB100、8×40 7.5°、8×24 UCF 7.5°、7×21 8°、9×20 MCF、、8×21UCFR、タンクローmini 7×21、8×40 9.5° 、DXF MX 8X22 6.3°、6×25 Mikron、10X42 DCF HR、9×28 DCF LV

リコーイメージング株式会社が製造するデジタルカメラ、双眼鏡等販売する会社である。

上記以外の型式・製品の双眼鏡でも、ペンタックス製品なら買取出来る製品もございます。
査定は無料です!当社買取担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!
ペンタックス製品の特長

PENTAXの双眼鏡。最短ピント合わせ距離50mmを達成し、独自のマルチコーティングで高い光学性能がある。眼鏡をつけたままでも使用しやすい、ロングアイレリーフ。

ペンタックス(PENTAX)とは?
ペンタックス(PENTAX)

ペンタックスと言えば、如何にも欧米の企業のような響きですが日本の光学ブランドになります。
ペンタックスはもともと製品名ですが企業名と誤解されやすく、今でも1つの企業名だと認識している日本人は少なくありません。
ペンタックスを運営していたメーカーは大正時代に立ち上がりましたが、時代を超えて現在はリコーによってブランド運営がなされている状況です。
知名度の観点から言うと、ペンタックスは他の日本の大手光学機器メーカーと比べると低いと言えるでしょう。
ペンタックスのメインプロダクツはデジタルカメラになりますが、非常に頑丈でオーソドックスな双眼鏡の供給も行っています。
全体的にスマートで黒っぽいカラーリングが多く、どの年齢層のユーザーにとっても飽きが来ないと言う印象を受けます。
ペンタックスの双眼鏡に関する価格帯とすればハイエンドモデルで数万円から10万円を超える程度のものが存在していますが、廉価版やオーソドックスなタイプのものにはコンパクトなものも多くて数千円から1万円台で購入できるタイプも揃っているでしょう。
このコンパクトな双眼鏡はペンタックスのラインナップの中でもとりわけ人気で、持ちやすい流線形デザインが若い人向けに好評だからです。
しかし、このコンパクトなタイプが人気なのは価格以外にもう1つ重要な理由がありまして、それは視力矯正をしたままでも使用できると言うことにあります。
つまり、レンズを除く時にメガネを外す必要がないのです。
ペンタックスは上述のようにブランド性と言う意味ではまだまだ優位に立ってはいませんが、価格的優位性を保ちながらも生活上における利便性を徹底的に向上させることで将来的に売上を大きく伸ばすことができるでしょう。
ハイエンドモデルは機能性にこだわっているのに対して、コンパクトモデルは自然との調和目的を持って開発されています。
よって、双眼鏡ビギナーとしては最初に選んでみたいブランドがペンタックスになります。