今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
シュタイナー 双眼鏡 MERLIN 買取

2015年11月29日

シュタイナーとは、ドイツに工場を置き、世界40数カ国で販売している双眼鏡メーカーです。

シュタイナー社は、技術革新と品質へのこだわりのため生産拠点をドイツに置き、現在約300人の従業員に向けた専門教育を実施しています。

シュタイナーの双眼鏡には、さまざまなアイディアが取り入れられています。

ラバーゴムの外装、コンパスの内蔵、紫外線から目を守るコーティング、ポケットサイズなどのアイディアは、業界初のものです。

創業に関しては、カール・シュタイナー(Karl Steiner)が1947年に設立したのが始まりで、1973年には息子のカール・シュタイナー(Carl Steiner)が家業を継ぎ、現在では世界的に有名な光学産業のパイオニアとなっています。

日本では知名度が低く店頭で目にすることはまれですが、双眼鏡を仕事やプライベートで使っている方の中には、シュタイナーの名前を知っている方も少なくないでしょう。

バードウォッチングをご存知ですよね。

野鳥観察のことです。バードウォッチングは、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」楽しむことができます。

野鳥を観察することで、野鳥が食べている物や止まっている木の名前、暮らしぶりを知ることができます。

バードウォッチングをする方は、シュタイナーのことをご存知である可能性が高いでしょう。

バードウォッチングには、シュタイナーMERLINシリーズが最適です。

コンパクトで軽量のため素早く被写体を捕らえることができます。

耐衝撃性に富み、強い雨の中でも完全に防水されます。

野鳥は、光の反射や明るい色に敏感に反応するので外装に配慮しています。

素材は光が反射しないラバーコーティング、色は大地に近い茶色にしています。

シュタイナーの双眼鏡をお持ちの方で、不要になった方はぜひ弊社にお売りください。

コンパクトな双眼鏡ならではの全国対応の宅配買取サービスを実施しております。

他店より高価買取を実施していて、きっとお客様の双眼鏡を納得いただける価格で買取できるはずです。

まずは無料の査定だけでもお申し込みください。

双眼鏡の買取のことでしたらお気軽にお問い合わせください。

シュタイナー 双眼鏡 MERLIN