今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
双眼鏡の購入方法

2017年2月24日

双眼鏡とは、その名の通りに2つの望遠鏡を並行させ、左右の両目で遠近感・立体感のある像をハッキリと見ることができる便利な道具です。

用途は野鳥などの動物観測、天体観測、コンサートやスポーツ観戦、美術館や監視業務務など多岐に渡り、その種類は大きくわけるとガリレオ式双眼鏡、ポロプリズム双眼鏡、ダハプリズム双眼鏡の3つに分かれており、数千円で購入できる安価なものから、数万円以上する高価なものまで様々です。

カメラで有名なニコンでは、カメラよりも双眼鏡の歴史が長く、現在でもオペラグラスなどのコンパクトで手軽なものから、高級ラインまで豊富な種類を取り揃えて販売しています。

双眼鏡を発売しているメーカーで有名なのは、ニコンの他にも、ソニー、フジノン、ビクセン、ライカ、スワロフスキー、ツァイツ、宮内光学、シュタイナーなど、日本製から外国製までいろいろですが、弊社では新品から中古品まで、全てのメーカーの全ての種類の双眼鏡を対象に買取りを行っています。

双眼鏡は、デパート、ショッピングセンター、ホームセンター、スポーツ店、家電量販店、雑貨量販店など、いろいろなお店で販売されていますが、双眼鏡を安易に購入してしまうと思うように使えないということにもなってしまうので注意が必要です。

はじめて双眼鏡を購入する人に尋ねると、高倍率なほど良い双眼鏡だと思っていますが、実は手持ちの場合は高倍率ほど手ぶれを起こしやすくなり、さらに視界が狭くなり、その場合の限界は12倍までとされていて、一般的に8倍がちょうど良い倍率だと言われています。

一概には言えませんが、ホームセンターや雑貨量販店などは値段の安さと見た目の良さを優先していて、粗悪品も多いのが特徴です。

もちろん上記で紹介したお店は高額専門店ではないため、双眼鏡に対して専門的な知識を持つ店員がいないことが多いため、自己責任の下で商品選びをしなければいけません。

双眼鏡を購入する場所としてお勧めなのは、天文系光学ショップや専門スタッフがいるカメラ店や一部のメガネ店です。

東京に住んでいる場合は、秋葉原に行けば専門スタッフがいる品揃えが多いお店がたくさんあるのでお勧めです!

双眼鏡の購入方法