今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
査定前に動作確認して欲しい箇所について。

査定前に動作確認して欲しい箇所について。

査定前に動作確認して欲しい箇所について。

弊社ではいろいろな製品の買取を行っているのですが、双眼鏡も買取可能な製品の1つです。いろいろな目的で使用されている双眼鏡も、やはり人が作った製品なので、ある程度時間が経過すれば劣化してしまうことを避けるのは難しいでしょう。もちろん使い方次第で、すぐに壊れてしまうか長持ちするのかが決まってしまいます。そんな双眼鏡を弊社まで買取してほしい場合には、まず動作確認を行ってもらいたいと思います。

動作確認が必要な理由

弊社は他社に比べてかなりたくさんの商品を買取できます。双眼鏡も買取できるのですが、中には動作確認をしないで配送してきたことで、買取不可能になってしまうケースもあるのです。中にはジャンク品として買取できる製品もあるのですが、双眼鏡は基本的に故障している物の買取はできません。故障している双眼鏡を配送してしまうと、そのままの状態で返送しなければいけなくなります。そうすると送料も手間もかかるので、事前に動作確認をお願いしています。

動作確認を行うべき箇所

双眼鏡はどのような箇所を動作確認すればよいのかというと、まずはきちんと遠くの物を見ることができるかという点です。そもそも双眼鏡というのは、遠くの物を見るための製品なので、きちんと見ることができるのかを確認しておきましょう。また、レンズの汚れやキズなどによって見れなくなっているケースもあります。このようなときには、双眼鏡全体の清掃を行いましょう。特にレンズはキズが付きやすいので、十分注意して行わないといけません。

他にもフィルターの切り替え機能やズーム機能、フォーカス機能が付いている双眼鏡が一般的なので、これらの機能がきちんと使用できるかどうかの確認も必要です。このような機能が使用できなくなっている場合には、当然不良品扱いになってしまい、買取できないケースが多いので、配送する前にきちんと確認をしておきましょう。物によっては暗視機能や出ぶれ補正機能、日付設定や方位設定などができる双眼鏡もあります。

このような機能や設定に関しての確認も忘れてはいけません。そして多くの人があまり確認しないのが充電池の確認です。電源の確認は多くの人が行うものの、充電池に関してはあまり気にする人はいません。しかし、時間が経過すると充電してもすぐバッテリー切れになってしまうのです。バッテリーに関しては買取不可能になるケースが少ないのですが、やはり事前に確認しておくべきでしょう。このように動作確認などは念入りに行う必要があります。