今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
双眼鏡の選び方

双眼鏡の選び方

双眼鏡

双眼鏡を選ぶのに毎回失敗してしまうという人もいるでしょうが、このような人は固
定概念にとらわれ過ぎている可能性があります。例えば倍率が高ければ高いほど高性
能である、ズーム式の双眼鏡の方が優れている、フリーフォーカスやオートフォーカ
スはとても使いやすくて便利などです。このような固定概念にとらわれていること
で、双眼鏡選びに失敗してしまうのですが、これらの固定概念が間違いであることを
解説していきたいと思います。

確かに目的によっては倍率が重要になるのですが、天体観測に使用する場合と、動物
を観察する場合には同じ双眼鏡ではいけません。天体観測であれば、かなり遠くを見
ることになるので、倍率の高い種類を選ぶのが正解です。しかし、動物の観察やス
ポーツの観戦に使用する場合には、あまり倍率が高すぎてはいけません。しかも倍率
が高くなるにつれて、手ブレが激しくなってしまうという欠点もあるのです。よって
近くで手に持って観戦する場合には、8倍から10倍が適していると言えるでしょう。

また、ズーム式の双眼鏡はとても優れており、見やすいのではと思っている人もいま
す。しかし、実際にはズーム機能が付いていることで、より使いにくくなってしまう
ケースや、見えにくくなってしまうケースが多いのです。これは日本国内の有名メー
カーが研究を行い、ズーム式はあまりよくないという結果を出しています。そのた
め、双眼鏡を購入するときには、固定式の物を選ぶべきだと言えるでしょう。

最近はオートフォーカスやフリーフォーカスと呼ばれていて、自動でピントを合わせ
てくれるような双眼鏡も登場しています。携帯電話やスマートフォンに搭載されてい
るカメラにも同様の機能がありますが、正直初心者でも楽に使用できる反面、逆にピ
ントが合わなくて、使い勝手が悪いと感じることがあると思います。双眼鏡も同様
で、勝手にピントが合わさってしまうと、最も自分が見たいところがピンぼけて見え
にくくなってしまうということが頻繁にあるのです。

このように固定概念にとらわれるのではなく、双眼鏡を選ぶときにはある程度価格が
高い物を選ぶ、試しに実際に自分で手に取って遠くを見る、何を見ることを目的に購
入するのかを明確にすることが重要です。最初の方にも少し触れましたが、目的に
よって多少双眼鏡の選び方も異なってきます。1つの双眼鏡で全てを補うということ
は不可能なので、最も重要なのが目的を明確にすることでしょう。さらには双眼鏡に
詳しい店員がいる店で購入することも大切です。