今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
双眼鏡の手入れ方法

双眼鏡の手入れ方法

双眼鏡 清掃

双眼鏡はしっかりお手入れを行っていれば、寿命よりも長く使用することができます が、お手入れを怠れば寿命はかなり短くなります。
特に防水機能があるモノや、普段から野外で使用する場合には、こまめにお手入れを しなければいけません。
お手入れの他にも双眼鏡の寿命を延ばすためには、保管方法にも気を付けなければい けません。
ホコリが多い場所や、温度や湿度が高い場所はできるだけ避けて保管して下さい。
双眼鏡のレンズ面は湿気の影響を非常に受けやすくなっていて、湿気が多いと曇りや カビが生じることもあります。
ケースに入れておけば安心と思っている人が多いようですが、お手入れをした後は気 密性の高いチャック袋に乾燥剤を入れて、その中に双眼鏡本体を入れて下さい。
その時には空気が入らないように注意して、タッパーなどの容器に入れるのが正解で す。
防水型の双眼鏡の場合はそうでないものよりも曇りやカビや生じにくくなっています が、そのような双眼鏡は悪条件下で使用されることが多いため、海水や泥水などがつ いた場合はすぐに表面を洗浄して、専用のクロスなどで拭き取って乾燥させて下さ い。
レンズに水滴がついたまま放置してしまうと変質することもあるので、十分な注意が 必要です。
もちろんレンズに汚れがついた場合も、すぐにそれを取り除きましょう。
双眼鏡の具体的なお手入れ方法は、まずは対物レンズをブロワーやレンズペンのブラ シを用いてホコリやチリを取り除きます。
その次に、レンズペンのチップやメガネ専用のマイクロファイバー布でレンズを優し く拭いて下さい。
それと同じように接眼レンズも掃除しますが、目の周りにある目当てをあらかじめ 折ってから作業して下さい。
注意点としては、接眼レンズにレンズペンのチップは使わないようにしましょう。
拭き作業が終了したら、レンズクリーナーを用いてレンズペーパーでレンズを拭きま しょう。
この時にはストラップや鏡筒も、ブラシやレンズクロスを使ってキレイにして下さ い。
視度調整リングやピントリングなどの可動部分を掃除する場合は、できるだけ動かし ながらお手入れをしましょう。
弊社では故障していたりあまりにも古い双眼鏡は買取りをお断りする場合もあります が、基本的にはしっかり動作するものなら全ての種類、メーカーの双眼鏡を買取りし ます。
弊社はどこよりも高い値段で双眼鏡を買取りしていますが、お手入れをしっかりして いて普段から丁寧に取り扱っていたものは、より高い金額で買取りいたします。