今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
双眼鏡のタイプについて。

双眼鏡のタイプについて。

双眼鏡のタイプについて。

双眼鏡というとなんでも同じだと思う方も多いかもしれません。

けれども双眼鏡にも様々な種類があり、使用目的によっても異なります。

まず双眼鏡を使用する目的は何かを見る必要があります。

肉眼でなかなか見れない部分を双眼鏡で見ようという目的があるので、まずコンサートや美術館などに持ち歩く場合には携帯性が大切でしょう。良く見えるといっても大きかったりかさばったりすれば不便になるからです。

また海や川など水辺で使用する場合には防水性も大切になります。

双眼鏡を大きく分けるとポロプリズムタイプとダハプリズムタイプがあります。

覗くレンズと対象物レンズが直線的でコンパクトなのがダハプリズムタイプで、レンズの位置より対象物側レンズが幅広い昔からあるタイプがポロプリズムタイプです。

価格からいうとポロプリズムよりもダハプリズムの方が高額になることが多くなっていて、同じ金額ならポロプリズムの方が良く見えるといえるでしょう。

ポロプリズムタイプもダハプリズムタイプもプリズムで正立像を得ていますが、そのプリズムの構成は相違します。

ポロプリズム内部はプリズム全反射を利用していて、光を損失することがありません。けれどもダハプリズムの場合には補助プリズム内で2回反射して、プリズム全反射を得ることはできず透過してしまいます。

そのためプリズムにメッキを塗って反射させることにより、反射率を上げています。

ダハプリズムのダハとはドイツ語で屋根という意味で、英語で同じように屋根という意味のルーフプリズムとも呼ばれています。

その名前の通りにダハプリズムは三角屋根のような形をしている部分をダハ面と呼んでいます。

このダハ面で反射してから光が手前に移動して、プリズム面の手前側に光が出るようになっています。

ポロプリズムは基本的に接眼レンズは3枚、対物レンズは2枚で構成されていて上下プリズムがあり、このプリズムをあわせてポロプリズムと呼んでいます。

双眼鏡を選ぶ時にはデザインや形態性も重要視すると思いますが、まずはポロプリズムなのかダハプリズムなのかを確認して、それぞれの特徴や長所を確認した上で、使用目的に応じた双眼鏡を選択されることをお勧め致します。

最近は持ち運びにも便利なコンパクトサイズの双眼鏡もたくさん揃っていますので、女性達のハンドバックにもすっきり入って持ち運びにも便利ですよね。